ノースリーブの女性

サロン脱毛は効果が薄いから…そんなイメージがありませんか?

確かにサロンで取り扱っているマシンは医療用に比べて出力が弱く、脱毛完了までに時間がかかってしまうということは知られています。

でも、それって医療用レーザーマシンだけの話なんです。

従来のレーザーマシンに変わる脱毛マシンが、沖縄にも上陸したということは知っていましたか?意外と知られていないこの新技術、知っておくとサロン選びがしやすくなるかもしれませんよ!

・従来の脱毛「IPL」

IPLとはインテンスパルスライトの略で、肌の毛や毛穴が持つメラニン色素に反応して照射する形式でした。

このマシンの特徴は、毛根にあって毛を生み出すもととなる毛母細胞を熱破壊して、毛を生えなくするというもの。

そのため、メラニンをたくさん含む日焼けした肌や色黒の肌には対応していませんでした。また、照射時に高温となるため肌へのダメージも懸念されていたのです。

医療用レーザーでは「ジュッ」という音がしたり、ゴムをはじいたような痛みが発生したりと、身体にも精神にも負担が大きいものでした。

・最新の脱毛「SHR」

2016年になって新しく登場したのがSHRです。スーパーヘアーリムーバブルの略で、毛を生えなくするためのアプローチを変えて開発されています。

従来の脱毛では毛根と、毛そのものに熱を与えていたのに対し、SHRでは毛の周辺に存在する「バルジ領域」にアプローチ。

毛を包む毛包にくっついているバルジ領域が毛を生やす要因であることから、バルジ領域に熱ダメージを与えて発毛を抑えます。

このバルジ領域は毛母細胞と異なり、温かいと感じる程度の熱でも破壊できるのが特徴です。

そのため、照射しても従来の脱毛ほど痛みを感じにくくなりました。またSHRは毛の生え換わるサイクルに関係なく照射できるので、従来より格段に早い周期で脱毛が完了できます。

SHRの仕組みが分かったところで、試してみたくなりませんでしたか?痛くない、早く終わる、そんな魅力的な最新の脱毛法はなんと沖縄にも上陸しているんです!

痛い思いをせず脱毛したい方、今すぐチェックしてみましょう!